« うつ病で労災認定と傷病補償年金、解雇。 | トップページ | ~6月19日(日)実施予定~ 「平成25年度最新:法改正情報」 »

Y社は従業員Xの復職を認めるべきか?

◆Y社は従業員Xの復職を認めるべきか?

社会保険労務士法人ケーズ・インテリジェンス

◆しっかり情報 ケーズ・インテリジェンス facebook

Y社は従業員Xの復職を認めるべきかsign02

平成25年4月下旬、人事担当者のためのメンタルヘルス実践勉強会を行いました。

参加者は、企業の第一線で活躍する人事担当者たち。

具体的な事例をもとに、ワールドカフェ方式によるグループディスカッションを行いました。

ワールドカフェ方式とは、グループの組み合わせを変えながら、カフェのようにリラックスした状態でコミュニケーションを実現する手法です。cafe

・・・・・・・・・・

課題「Y社は従業員Xの復職を認めるべきか。」

うつ病で休職している従業員について、いくつかの状況設定がなされており、その上で、会社として、復職を認めるべきか否かを検討する課題です。

clip従業員Xは、「就業可、残業不可、勤務軽減要す」の診断書を提出し、復職を希望した
clip従業員Xは、学生時代にも精神疾患の既往歴があった
clip従業員Xは、休職前、時間外労働がかなり多かった
clipY社は、従業員Xと、休職中に必要なコミュニケーションがとれていなかった
clipY社の産業医は、「復職はまだ早い」と言っている
clip間もなく休職期間満了の時期である

・・・・・・・・・・

まずは、課題を一読した後に、参加者たちに尋ねたところ、復職否定派が75%復職肯定派が25%でした。

そういう従業員は去っていただくべき、と考える人事担当者が多くを占めていました。

しかしsign03

約60分のグループディスカッション終了後、あらためて参加者たちに尋ねたところ、復職肯定派が75%復職否定派が25%、その比率が逆転しましたimpact

・・・・・・・・・・

研修のための課題とはいえ、各社で、十分あり得る事例です。

狭い視野で考えてはいけません。

多くのことを総合的に考えた上で、復職させた場合、復職させなかった場合、この状況ではどうすべきかと考える必要があります。

memo就業規則の休職規定
memo
労災保険の業務災害の認定基準
memo会社の安全配慮義務
memo過去の裁判例
memo退職させた後のリスク
memo復職させた後のリスク

会社として、うつ病にかかった従業員をとにかく退職させればいい、というものではありません。

また、従業員本人が復職したいと言うから、主治医が就業可能と言うから、だから復職させればいい、というものでもありません。

・・・・・・・・・・

mailこの勉強会について、参加者から感想をいただきましたmail

◆事例研究について

・復職肯定の考え方を知ることができてよかった。

・復職否定、肯定の賛否両方の考え方を整理した上で、結論を出すことが大切であると感じました。

・「安全配慮義務を果たせるかどうか」というのは、会社の「何となく復職させたい/させたくない」と言っている人に説得しやすい言葉だと思いました。

・精神障害の労災認定について、再度理解しなおさなければならないと感じました。

◆ワールドカフェ方式について

・ワールドカフェというディスカッション形式を初めて経験しましたが、非常に面白く、刺激になりました。

・ワールドカフェ方式がよかった。同じグループより、テーブルを回っていると活動的になる。

・自分の思いつかなかった考えをいろいろと知ることができました。

・自分では気づかないいろいろな視点を発見することができました。

・多くの事例を聞けたので、参考になりました。

◆自社の就業規則について

・あらためて就業規則整備の重要性を感じました。

・安心して働ける会社であることを他の従業員にアピールするという意味でも、復職規定は作っておいた方がよいと思いました。

平成25年5月6日

社会保険労務士法人ケーズ・インテリジェンス

◆しっかり情報 ケーズ・インテリジェンス facebook

|

« うつ病で労災認定と傷病補償年金、解雇。 | トップページ | ~6月19日(日)実施予定~ 「平成25年度最新:法改正情報」 »

メンタルヘルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うつ病で労災認定と傷病補償年金、解雇。 | トップページ | ~6月19日(日)実施予定~ 「平成25年度最新:法改正情報」 »